美白化粧品SMH351

MENU

美白化粧品SMH351

トラネキサム酸は刺激の少ない美白有効成分

 

エリクシールホワイトの美白アプローチ

 

m−トラネキサム酸によって肌の炎症を防止しバリア機能を高めます。また、セットになっている化粧水や乳液、クリームによってお肌の保湿力を高め、バリア機能を正常に保ちます。
m−トラネキサム酸によって伝達物質の生成を抑制し、メラニンの生成を抑えます。
上記の方法で保湿力をアップしターンオーバーを促すことによってメラニン排出を促します。
引用ページ:シミ取り美白化粧品

 

トラネキサム酸は美白化粧品に含まれている成分で、内服薬としても使用されています。

 

もともとは止血作用や炎症を抑える、アレルギー症状の緩和として使用されており、口内炎や湿疹、じんましんの治療などにも使用されています。

 

美白効果としては特に肝斑に効果が見られます。

 

肝斑は通常のしみと違い、女性ホルモンの影響により皮膚に出てきますが、トラネキサム酸にはホルモンに作用する成分は含まれていません。

 

プロスタグランジンというシミを作り出してしまう物質を抑えるため、メラニンの生成も防ぎ、しみやそばかすにならない肌へと導くことができます。

 

刺激も少なく副作用も少ないですが、まれに食欲不振や吐き気を感じることがあります。

 

肌がメラニンを作るメカニズム

 

肌がメラニンを作るメカニズムは、メラノサイトが紫外線から肌を守るためにメラニンを生成してブロックするというものです。

 

この生成されたメラニンが色素沈着を起こすとシミにつながってしまいます。

 

ですので、シミを予防するためには日傘や日焼け止めや帽子などでしっかりと紫外線対策をしたり、メラニンの生成を抑制する効果があるビタミンCをたっぷりと摂取するということが大切です。

 

できてしまったシミに対しては、漂白作用があるハイドロキノンや抗酸化作用があるビタミンC誘導体などの成分が配合されている美白化粧品でシミに直接アプローチする必要があります。

 

ハイドロキノンの漂白作用を促進させるためには保湿ケアを徹底するということも心がけましょう。

 

メラニンは顔にシミを作ってしまう素の成分

 

夏は一年の中でも特に紫外線量が増えるといわれていますので、白い肌を焼かないためにも全身に日焼け止めを利用している女性は少なくありません。

 

最近では汗などに強いタイプの日焼け止めも増えてきていますが、大体は塗ってから二時間程度で紫外線対策が出来る美容効果が落ちてしまうといわれていますので、頻繁に塗り直しをする必要があります。

 

また紫外線の恐ろしさは日焼けをしてしまうだけではなく、肌内部にメラニン色素を生成してしまうためシミやそばかすなど老化トラブルの原因の一つになってしまう恐れがあります。

 

そのため少しでも日焼けしてしまったと感じた場合は、自宅で美白化粧品などを利用してメラニンの生成を抑制させる美容ケアを心がける必要があります。

 

メラニンは紫外線から肌を守るために作られてしまう

 

普段からアウトドアな趣味を持っている方や、外出される機会が多い生活をおくっていると、どうしても室内にいるよりも紫外線を浴びてしまう状態が続いてしまうので、しっかり日焼け止めなどを利用して肌を保護しないと肌が焼けてしまったり、皮膚内にシミの原因となるメラニン色素が生成されてしまう恐れがあります。

 

メラニン色素は紫外線から肌を守るために体内に生成される特徴があるため、年齢を重ねるとどうしても紫外線による肌ダメージによりシミやそばかす、シワなどの老化トラブルに悩まされる危険があるのです。

 

そこで早めに日焼け止めなどをこまめに塗る癖をつけたり、美白化粧品を普段のスキンケアに取り入れる事で症状を軽くさせることも可能です。

 

できてしまったメラニン色素を破壊する美白成分は?

 

シミの原因となるのがメラニン色素です。

 

ですから、シミを薄くしていきたいと考えた場合、この色素の働きかけていく事が有効です。

 

そんなメラニン色素を破壊するだけの高い効果があるとされる美白成分が、ハイドロキノンです。

 

メラニン色素を薄くする働き、生成を抑制する働きのあるビタミンC誘導体が配合された美白化粧品よりも、ハイドロキノンが配合された美白化粧品の方が高い効果を期待出来ます。

 

ただ、ハイドロキノンの場合、その配合量によっては、副作用が出る可能性があります。

 

肌に合うか不安を感じる場合は、美白化粧品の使用から始めるのではなく、まずは皮膚科でハイドロキノンの処方を受ける事がおすすめです。

 

それにより、安心して使う事が出来ます。