MENU

美白成分ビタミンC誘導体はどんな成分

美白成分ビタミンC誘導体はどんな成分

 

美白化粧品にも含まれているのが、美白成分のビタミンC誘導体です。

 

抗酸化作用の高いビタミンCは、美しい素肌のために、さまざまな良い効果をもたらしてくれます。

 

皮膚のメラニン色素生成を抑制しますので、素肌の美白にも大きく貢献をしてくれます。

 

真皮層におけるコラーゲン生成も高めるために、素肌のハリをもたらし、若い素肌をキープするためにも役立ちます。

 

ただビタミンCは不安定なのが欠点であり、とても酸化しやすくて、加熱にも弱いうえに、水分にも流れやすいです。

 

そこで美白化粧品にも利用しやすい、ビタミンC誘導体が開発されたのです。

 

水溶性と脂溶性の両方を持っているのが、ビタミンC誘導体です。

 

美白化粧品などでお手入れをして、お肌へと浸透をしたら、およそ6時間から14時間をかけて、ゆっくりとビタミンCに戻ります。

 

この時に力になってくれるのが、酵素の働きです。

 

ビタミンC誘導体の特徴としては、浸透性がとても良いために、角質層までしっかりと浸透させることができます。

 

皮膚の奥深い部分から、柔らかく健やかなお肌をケアすることができます。

 

酸化しにくいのもビタミンC誘導体ですので、強力な抗酸化作用によって、お肌の美白効果をサポートします。

 

水溶性ビタミンC誘導体は即効性が高く、持続は12時缶と長いです。

 

美白効果はとても高く、ニキビにも効果的です。

 

脂溶性ビタミンC誘導体は、皮膚への刺激がとても少なく、持続時間は24時間という長さです。