MENU

メラニン色素を作らせないようにする美白成分は?

メラニン色素を作らせないようにする美白成分は?

 

シミやソバカスなどに悩んでいる人は多いです。

 

そんな人に効果的なのが美白化粧品になります。

 

シミの原因は、紫外線による刺激や加齢、摩擦などによって引き起こされる色素沈着です。

 

色素沈着はメラニン色素が発生することによって引き起こされるため、メラニン色素を発生させないケアがシミを作らないためには重要です。

 

作らせないようにする美白成分はさまざまなものがありますが、代表的な成分としてトラネキサム酸とビタミンCがあげられます。

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、抗炎症や抗アレルギー効果などを保ちます。

 

紫外線を浴びることでメラニンを作り出す細胞である「メラノサイト」の周りにある肌細胞からメラニンを作らせる情報が伝達されますが、トラネキサム酸はその情報の中にあるシミ発生物質「プロスタグランジン」などの働きを阻害し、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐ効果があります。

 

美白効果が高いとして有名なもうひとつの成分がビタミンCです。

 

普通のビタミンCでは安定性が悪く、肌に吸収されにくいですが、安定させて角質層に浸透しやすい形にしたのがビタミンC誘導体です。

 

水溶性、脂溶性、新型の三種類がありそれぞれに特徴があります。

 

基本的にビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑えて、できてしまったものは細胞を活性咲かせて肌のターンオーバーを整えて除去するという作用が期待できます。

 

美白化粧品はさまざまなものがありますが、これらの成分が入ったものを選ぶことをおすすめします。