MENU

美白成分には働き方に違いがある

美白成分には働き方に違いがある

 

シミやくすみに悩んでいる人たちの強い味方である美白化粧品は、製品によって入っている美白成分が違っており、肌にもたらす効果も違っています。

 

例えば、ある会社の美白化粧品に配合されているエスクレシドという成分は、チロシナーゼという物質の発生を抑えることでシミが出来るのを防ぐ効果を持っています。

 

それは、チロシナーゼはチロシンという物質と結びつくことで黒色メラニン(シミのもと)を生成しますが、チロシナーゼが発生しないようにしてしまえば黒色メラニンが出来ずシミも出来ないという理論に基づいています。

 

同じようなアプローチの成分としては、アルブチンという美白成分はチロシンより先にチロシナーゼと結びつくことで黒色メラニンが出来るのを抑え、シミの発生を抑える働きをする成分となります。

 

その他、ビタミンC誘導体は、出来てしまった黒色メラニンをチロシンとチロシナーゼに分解することでシミを薄くする働きをする成分となっており、多くの美白化粧品に配合されています。

 

また、変わった所では、メラニンには黒色のものと肌色のものがあり、デイリリー花発酵液という成分は、肌が紫外線などで刺激を受けた時に黒色ではなく肌色メラニンが生成されるようにする物質をサポートする働きでシミが出来るのを防ぎます。

 

それから、ハイドロキノンはメラニンを作り出すメラノサイトの働きを抑制することでシミを防ぎ、すでに出来ているシミを薄くする働きも持っている成分となっています。

 

美白成分はシミを予防したり薄くする効果の強さや、肌への影響の出方などに違いがあるので、美白化粧品を選ぶ時は入っている成分に注目して選ぶのがおすすめです。